Case study

点検・施工事例

 

建築設備工事(排煙窓オペレーター交換工事)[品川区]


排煙窓オペレーターの改修工事を行いました(建築設備工事)。


新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために、排煙窓を開けて換気をする機会が増えたようです。


排煙窓オペレーター(手動開放装置)の故障などにより、オペレーター本体の交換とワイヤーの張り替えのご依頼が増えました。

排煙設備を設置する本来の目的は、火災によって発生する煙や有毒ガスを速やかに屋外へ排出し、円滑に避難することができるようにすることです。定期的に動かしていただいて、火災発生時にも有効に機能する状態を保つことが大切です。

関連記事