Case study

点検・施工事例

 

消防設備工事(ハロゲン化物消火設備)[練馬区]


ハロゲン化物消火設備一式の更新工事を行いました(消防設備工事)。
ハロン1301の貯蔵容器を交換しました。


制御盤の交換中です。


制御盤の交換を完了しました。


非常電源装置(蓄電池設備)です。


手動起動装置(操作箱)です。


起動装置(起動用ガス容器)です。


放出表示灯です。


音声警報スピーカーです。

ハロゲン化物消火設備は、水により消火することが適切ではない通信機器室などに設置され、ハロゲン元素による火災の燃焼連鎖反応を抑制する効果(負触媒効果)や窒息効果により消火を行うものです。
今回は、設備の設置後30年を間もなく経過するところで、容器弁の耐圧性能点検を行う必要があったため、設備一式の更新を行っていただきました。設置後20年を経過しましたら、更新時期が近づいておりますので、設備更新の計画を立案していただくことをお奨めします。

関連記事